よくあるご質問

件名:4767 国民健康保険加入者で、入院時の食事代が安くなることはありますか。

国民健康保険では、住民税非課税世帯の人が入院された場合、申請により「限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付します。この証を入院時にあらかじめ医療機関に提示すれば、食事代が減額されます。
◇いつまでに
・申請に期限はありませんが、申請月の初日から適用になります。
◇だれが
・世帯主または世帯員(代理人でも可)
◇どこで
・国民健康保険課険給付係
◇申請に必要なもの
・保険証
・世帯主と対象者の本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード等)及び番号確認書類(個人番号通知カード・個人番号記載の住民票・マイナンバーカード等)
・過去1年間に91日以上入院している人は、病院の領収書等の91日以上入院したことが確認できるもの。
 
なお、やむを得ずに、非課税世帯かつ限度額証の発行を受けている世帯でありながら認定証の提示がなく、課税世帯として医療機関に支払った場合は、その差額分を申請により払い戻しできます。
◇いつまでに
・医療機関に支払った日の翌日から2年以内
◇だれが
・世帯主または世帯員(代理人でも可)
◇どこで
・国民健康保険課給付係
◇申請に必要なもの
・保険証
・入院時の食事代の領収書
・世帯主名義の振込口座のわかるもの
・世帯主と対象者の本人確認書類(運転免許証・パスポート・マイナンバーカード等)及び番号確認書類(個人番号通知カード・個人番号記載の住民票・マイナンバーカード等)


【お問い合わせ先】
国民健康保険課 給付係
電話番号 : 03-3463-1776
FAX番号 : 03-5458-4940

本FAQは組織改正・制度改正等で回答内容に変更があることを予めご了承頂きますよう、よろしくお願い致します。

参考になりましたか?