よくあるご質問

件名:7275 妊婦健診の受診票を使用できない医療機関や助産所で受診した場合の助成制度について知りたい。

助産所や里帰り出産などのため東京都外の医療機関で妊婦健康診査を受診された方に対し、その受診費用の一部を助成します。
 
■ 対象者
助成を受けようとする健診を受診した日に渋谷区の住民(住民票等がある)である方
■ 助成対象となる健診
日本国内の医療機関・助産所で受診した妊婦健康診査・妊婦超音波検査・妊婦子宮頸がん検査(2016年4月1日以降に受診した分に限る)
※助産所で受診した場合、妊婦健康診査受診票の第1回目・妊婦超音波検査受診票及び子宮頸がん検査受診票に相当する健診は、助成の対象となりません。
■ 申請できる方
妊婦さん本人
■ 申請期限
分娩日から1年以内(対象児の1歳誕生日の前日まで)
■ 提出書類
・申請書兼請求書
・未使用の妊婦健康診査受診票
・助産所または都外医療機関発行の領収書のコピー
・母子手帳P1(子の保護者のページ)及びP8~9(妊娠の経過)のコピー

区ホームページから申請書兼請求書はダウンロードできます。

■ 申請方法 提出書類を地域保健課健康推進係まで郵送または窓口までご持参ください。後日、交付決定通知書が送付され、指定の口座に助成金が振り込まれます。


【お問い合わせ先】
地域保健課 健康推進係
電話番号 : 03-3463-2412
FAX番号 : 03-5458-4978

本FAQは組織改正・制度改正等で回答内容に変更があることを予めご了承頂きますよう、よろしくお願い致します。

参考になりましたか?