よくあるご質問

件名:8707 騒音規制法・振動規制法に基づく特定施設に関する届出について

設置届は、新たに特定施設を設置しようとするときに必要です。

種類ごとの数変更届(騒音)、種類及び能力ごとの数または特定施設の使用の方法変更届(振動)は次の場合に必要です。
(騒音)種類ごとの数が2倍を超えて増加するとき。
(振動)種類及び能力ごとの数または特定施設の使用方法を変更するとき。

氏名変更届は次の場合に必要です。
 ・氏名又は名称(法人は代表者の氏名)、住所、工場または事業場の名称、所在地に変更があったとき。

承継届は次の場合に必要です。
 ・特定施設等の届出をした者の地位を承継(施設を譲り受けた、施設を借り受けた、施設を相続した、法人の合併・分割等)したとき。
届出時には承継の事実を証明する書類(登記簿謄本の写し、賃貸借契約書の写しなど)を添付してください。

使用全廃届は、特定施設の全ての使用を廃止したときに必要です。

届出の時期は次のとおりです。※届出書の押印は廃止になりました。
 ①設置届(工事開始日の30日前まで)
 ②種類ごとの数変更届(変更に係る工事開始の30日前まで)
 ③防止の方法変更届(変更の30日前まで)
 ④氏名等変更届(変更の日から30日以内)
 ⑤承継届(承継した日から30日以内)
 ⑥使用全廃届(廃止した日から30日以内)

 


【お問い合わせ先】
環境整備課 公害指導係
電話番号 : 03-3463-2750
FAX番号 : 03-5458-4903

本FAQは組織改正・制度改正等で回答内容に変更があることを予めご了承頂きますよう、よろしくお願い致します。

参考になりましたか?