よくあるご質問

件名:8718 解体工事の事前周知条例について教えてほしい。解体工事に必要な届について教えてほしい。

区では、建築物の解体工事について、近隣住民などへの事前周知、吹き付けアスベストなどの適正処理などを義務付けることにより、健全な生活環境の維持・向上を図るため「渋谷区建築物の解体工事計画の事前周知に関する条例」を制定しました。詳しい内容は、区ホームページをご覧ください。
●対象工事
解体床面積の合計が80㎡以上の建築物の解体工事
※解体する建築物に「吹き付けアスベスト」や「アスベスト保温材等」が使用されている場合は、解体床面積にかかわらず対象となります。
●事前周知の義務を負う対象者
解体工事の発注者または請負契約によらないで自らその工事を行う者
※解体工事の請負業者も、間接的に義務を負います。
令和3年4月1日より、解体工事に必要な届け出の様式が変更になりました。
●解体工事に必要な届※届出書の押印は廃止になりました。
 ①解体工事計画届(標識の設置の前までに)
 ②標識設置届(標識設置後5日以内に)
 ③解体工事標識変更届(標識の記載事項の訂正後5日以内)
 ④説明会等報告書(解体工事の10日前までに)
上記届出のほか、「特定粉じん排出等作業実施届出」、「石綿飛散防止方法等計画届」、「特定建設作業実施届」、「建築リサイクル法届」が必要な場合があります。
※標識設置は、解体工事開始の30日前まで

問合せ先
①解体工事の事前周知について  環境整備課公害指導係 03-3463-2750
②解体工事に関する危害防止対策について 建築課審査係 03-3463-2729
③建設リサイクル法について 建築課監察係 03-3463-2747


【お問い合わせ先】
環境整備課 公害指導係
電話番号 : 03-3463-2750
FAX番号 : 03-5458-4903

本FAQは組織改正・制度改正等で回答内容に変更があることを予めご了承頂きますよう、よろしくお願い致します。

参考になりましたか?